INDEX > SS > 弱き人々

弱き人々



1

もし世界が自分中心なら

あの人と一緒に居られる
でも世界は自分の中でしか中心でいられない
自分の気持ちを貴方は、どう伝える?

午前9時23分46秒


激しく眠い・・・・

だが俺は大学に行く仕度をせねばいかん

鉛のように重い身体を起こして、洗面所に向かう
鏡で自分の顔を見る

「ひでぇ顔・・・・」
正直自分の今の顔を世界のニュースで流したら
優雅に朝をむかえるマダムからテレビ局に苦情殺到だね
しかも国際規模、テロだなそりゃ

顔に冷たい水を浴びせて眠気を顔から無理矢理引き剥がす
ほーら、すっきりきりりん☆

でもないね

俺の名前は村瀬完一(むらせ かんいち)

神龍大学(しんりゅうだいがく)の三年生
まぁ都内の23区に有る大学で、有名私立大だ

高校三年を勉学とスポーツとゲームに費やした俺
そんな俺は只両親の言い付けに従い今の大学に行った。
大学に入って特にすることも無く、生徒が多いだけに出席に関しても甘く
論文やレポートも楽な物、テストさえクリアすれば留年とは無縁

そんな人生

只・・・女とのいざこざさえ無ければ、だ。
何だかんだで仕度を済ませて大学に行くためバイクに跨る
さぁて今日も一日ファイト一発!

 

 

 

私の名前は霧島佳織(きりしま かおり)
村瀬先輩とは学部、サークルが同じ
それだけ

先輩との出会いはサークルの新入生歓迎パーティーだった
壁にもたれてボーッと酒を飲んでいただけ

それだけ
でも他の先輩と雰囲気が違った
落ち着いていて、何となく暖かい空気がそこにある感じがした

お、先輩の事考えていたら丁度居た

「せんぱーい!」
私は成る可く速く走る
振り向いた先輩はいつものように、おぅ、と言うだけだ

「今日は、サークル、出ますか?」
少し息が荒くて喋るのが辛い
「まぁ出れたらね、俺は忙しいのだ」
先輩は淡々とキャンパスに向かって歩いていく

「忙しいとは?」
私の予感では又下らない事だろう
「お嬢さん、そりゃあれだよ、ゲーセンだね」

先輩はエセのナイスガイスマイルを見せる
白い歯は光っては無い
「・・・・サークルより優先ですか?」
呆れますが馴れました
「違うね!俺には行かねばならぬ戦場が有るだけさ!」

「それがゲーセンですか?」
「そうだよ、今や小さいガキや大人はゲーセン行くのが流行だ」
そんな時代は永遠に来ませんね・・・

「とにかく今から来て下さい!高木先輩も来てますから!」
もう実力行使でも連れて行く
「っちょ!ちょ待て!ってか痛い痛い!襟掴むな!」

「逃げる前に実力行使です!」
「ユー!俺には二本の足が有るから使わせてくれYO!」

こんなあんなでサークル棟にまっしぐらな私達
先輩の世話するのは本当に幸せです♪

サークル、それは甘く切ない響き(か、どうかは知らない)

俺と佳織の二人はサークル棟に向かう
因みに所属してるのはテニスのサークル

テニス経験は無いけどね♪
あぁ世界はこんなにも美しい

「何ぶつくさ言ってるのですか?もう着きます」
「そうかい、なら後は入る勇気を出すだけだね」
俺には勇気は無い、何故ならドアの向こうは綺麗な花園だからさ

「高木先輩は怒ってませんから安心して下さい」
「ならば行くのが漢だね!」
俺は青いペンキの剥げたスチール扉を開ける

「高木よ!俺は帰って来たぁ!」
入るなり自分でも言う必要が有るか疑う言葉

しかし反応は無い
見えるのはパイプ椅子に腰掛けた女性
「ほぉ・・・君か?村瀬君」
その冷たい視線ならクール宅急便も冷凍車いらずだね
ここで怯めば俺は即死だ

「実は母が危篤でな、出たかったのだがね」
「言い訳無用、あんたやる気ある?」
その冷たい言葉で何人のM属性の男を逝かせるかは計測不能だね

「違うんだ高木!俺は只世界平和の為にね」
「茶、買ってこい」
その冷たいツンツンさ、ツンデレ喫茶で働くべきだね
ツンだけだけどね!

しかし何で高木は何時も俺がサークル出ないと機嫌悪いのかね
気にしてもしょうが無いね
みそ汁にワカメが無いことに悩むと一緒だ

いやぁ気にするか、俺はな
とにかく俺は茶を買いに行くべく出撃した、にんにん

2

茶、只その為に今自販機の前に居る

日本茶、ウーロン茶、麦茶、無茶、イチャイチャ
色々有るね、そこのカップル

無難にウーロン茶にして俺は部室に戻る
無難かどうかは周りの意見より俺の意見で決まるね
HAHAHAHA!

 

あいつは何時もチャラけている
でも本当は違うのは一番私が知っている
霧島さんの知らない彼を私は良く知っている
知っているから、どうしても意識してしょうがない

彼とは大学一年の時出会った
サークルで

バスケは出来ないと言いながら走ってシュートして行く間
その間が格好良くて

そして裏では人の事を一番気遣ってくれてて・・・・

とにかく、私が彼を好きなのはしょうがない
多分出会った時からの運命なのだろう

でも運命には一人邪魔者が居るけど、ね

部室内
空気は微妙に重い

ウーロン茶を飲みながらも高木様は無言じゃ
我らサークルの女王様は無言でゲス
まぁ考え事してると何時もこうだけどね

「先輩、それでですね。御崎大学のサークルと試合が・・・」
遠くから(近いが)霧島タソの声が聞こえるのぉ
御崎大学ね、強いよね。あのサークル
そして美女も居る

御崎大学に鞍替えしようかね、女王は怖いし
すると女王は
「いい?負けたら無条件でキャンパス内マラソンだから」
それは無理だね!あの馬鹿でかいキャンパス走れば死ぬね!
「それと村瀬はこの後予算について話が有るから残れ」
女王!そりゃ横暴だね、俺にはゲーセンが
「あぁ、残るよ」
言えないな本音なんて、てへ☆

そしたら霧島は
「じゃぁ先輩、予算の話が終わったらラーメン食べましょ?おいしいラーメン屋見つけました!」
それはナイスな発言だ
「ごめんなさい霧島さん、今日は遅くなるから先帰りなさい」
予算の話で遅くなるとは、こりゃ折檻でもあるかね
折檻される理由は?

1 今までのサボった報い
2 女王はサドだから
3 俺に対する憎しみ

俺には全てが当てはまる気がしてならないね!
今日は長い一日だねジョニー

俺の好物の一つのラーメンと予算について
なら俺は予算の方を選ぶよ

だって僕ちゃん真面目だもん

「もう少し徴収したらどう?絞れば出るはね、未だ」
「いやいや、高木さん。俺達貧民はゴマと違ってもう出ないさ」
予算について、真面目な話
試合するための場所や道具の金はかかって当然だ

その為の話合いだがね

「まぁこれぐらいね・・・それとこの後暇?」
ゲーセン・・・と言いたいがココはナイスガイだからね
「いや暇だね、暇すぎてつまらなくて」

「ならこれから飲みに行きましょう」
why?まぁ心境はそうだがね
「良いよ、行くか。暇だし」

気付けば二人で飲み屋に向かって歩き出していた

 

先輩が可哀想
高木さんが怖いなら怖いって言えば良いのに

高木さんは先輩が逆らえないって分かってて
先輩を独占してる

今日もワザと頃合いを見て話題を切り出したんだ
先輩が逆らえないから
私が先輩と仲良くしているのが嫌だから

考え事をしながら街を歩いていると
「あっ・・・」
先輩だ、しかも高木さんまで
いやあの病原菌

ワザと追い出したのは分かっていたが
あの女

私は二人の足取りを追っていた

2006/06/12 To be continued...

 

inserted by FC2 system