INDEX > SS > Bloody Mary

Bloody Mary



13C

 ……いや。よく考えろ。片方を選ばなきゃならないほど差し迫った状況か?
  だいたいどうして二人のうちどちらかを犠牲にしなきゃならないんだ。
  二人とも失いたくないならその方法を探せばいい。最後まで諦めるな。
  どちらの選択もしたくないのなら自分で別の手を見つければいいんだ。
  ――――――よし。
  団長を説得しよう。
  俺は別にもうフォルン村のことは気にしていないって団長に伝えるんだ。
  団長も姫様も死なせない。第三の選択だ。
  握っていたナイフを足首に戻した。
「ウィリアム?」
  声のした方に振り向くと姫様がいつの間にか戻ってきていた。
「姫様、俺決めました」
  怪訝そうな顔でこちらを見つめる姫様。
「団長を説得してやめさせます」
「なっ!?待て、ウィリアム!
  あやつが途中でやめるわけなかろう!絶対にわらわを殺すまでやめぬぞ!?」
「俺は団長を信じたい。ちょっと歯車の噛み合わせが悪くてこんなことになってるだけなんだと思います。
  だから、姫様もどうか俺を信じてください。
  大丈夫。絶対に姫様は守ってみせます。だけど、団長も失いたくない。それが、俺の答えです」
「ウ、ウィリアム…」
  そうだ。キャスが死んだあのとき、誓ったじゃないか。
  あんな思いをしないために強くなろうって。剣の腕の強さじゃない。
  三年間培ってきたものは復讐心だけじゃない筈だ。それが今、試されるときなんだ。

 やれる。絶対に。
  心の中で何度も復唱して決意を更に強固なものにしていった。

 

 誰かがこの部屋に向かって歩いてくる。
  この聞き慣れた足音は――――団長だ。
「ふー……」
  首を反らしてゆっくり息を吐いた。
  うん、問題ない。落ち着いてる。
  足音がやみ、扉の取っ手が回った。
「姫様〜。死神があなたに引導を渡しに来ましたよ〜♪あはっ」
  扉を開けて中に入ってくる団長。その瞳は狂気に曇っている。
  説得なんてできるのかと一瞬ぞっとしたが決意は揺らがなかった。

「ウィルを誑かす悪い仔猫ちゃんにはこれから生まれてこなきゃよかった、って後悔させてあげますね♪」
「くっ……」
  団長の殺気にたじろぐ姫様。
  俺は姫様の前に立って団長に向かい合った。
「ウィリアム」
  姫様の安堵した声。
「……ウィル?なんでこんなところに?
  あ、わかった。またこの小娘にワガママ言われてここに来たんでしょう?
  もう、いけませんよ。だから王女が着けあがるんです。でもそれも今日で終わりですけど」
  くすくす笑いながら鞘から剣を抜いた。背後にいる姫様に剣先を向ける。
  全然大丈夫。俺の水面には波紋ひとつ立っていない。
「団長、もうやめにしましょう」
  俺の第一声を聞いて、団長は豆鉄砲をもらった鳩のように目を丸くした。
「何言ってるんです?彼女はあなたの敵ですよ?
  これからその小娘を殺してウィルに許してもらうんですからやめるなんてことできません」
「俺に何を許してもらうんですか?
  俺がいつ団長を許さないなんてこと言ったんですか?」

 その言葉でさっきまでの狂気が揺らぎ始め、目が泳ぎだす団長。
「え……?だって、私はトレイクネルの人間で、お父様がフォルン村の事件の黒幕で……
  だからウィルは私を許せなくて騎士を辞めて――――」
「そんなこと、俺が、いつ、どこで、言ったんです?」
  団長の目が更に忙しなく動き出した。
「え、え…?いや、だって…えと……」
  曇っていた瞳が少しずつ晴れてきた。もう少し。もう少しで団長の呪縛が開放される。
「別に俺に許しを求める必要なんてないんです」
  そう諭しながら団長に近づく。
「で……も…」
「団長がいつも俺を気遣ってくれていたこと、知ってます。
  事件のことがわかったからって俺が団長を恨むなんてことするわけないじゃないですか」
  一歩一歩踏みしめるように団長に向かって歩く。
「あ………」
  ゆっくり、囚われた復讐心を解きほぐすように、団長を抱きしめた。
「だから、もう、そんなことしなくたっていいんです」
「う……あ…」

 ガランッ

 腕から力が抜けたのか彼女は剣を手から取りこぼした。
「や……やめて、ください…ウィル。私は実の父親を殺したんですよ…?
  私を捜していた兵も何人か殺しました。
  こ、こんなところで、途中でやめられるわけ、な――――」
  もっと強く、抱きしめる。
「まだ、戻れます。
  俺だって、罪のない人間を数え切れないくらい殺しました。
  でも…罪を償いたい気持ちがあるなら、まだ戻れるんです。」
  最後の部分は自分にも言い聞かせるように。
「う……うぅ…」
「俺と一緒に償う方法を探しましょう」
「う……あ…うぅ、ぅぅ……」
  泣き崩れる団長を倒れないように肩を支えながらとりあえずその場に座らせた。

「姫様」
「……え?あ、なんじゃ?」
  呆けていた姫様の方に振り向いて声を掛けた。
「俺たちはこれからこの国を出ます」
「ッ!!?ま、待てウィリアム!どういうことじゃ!」
  慌てて俺の胸に飛び込み、服を掴む姫様。
「理由はどうあれ、団長は謀反を起こしました。
  王族暗殺は未遂でも捕らえられれば即死刑です。償い方としてはそれも一つの方法なのかも知れません。
  だけど――――」
  嗚咽を漏らす団長をちらりと見る。
「だけど俺はそれで納得したくありません。
  俺たちはこれから旅に出て罪を償う方法を探そうと思います。答えなんて無いのかもしれないけれど」
  俺の返事を聞いている姫様の頬には一筋の涙。
「い、いやじゃ!わらわを独りにせんでくれ!寂しいのはもう嫌じゃ!なぜマリィと一緒なのじゃ!
  おぬしはここに残ればいいじゃろう!?」
  泣きながら俺に懇願する。
「すいません、姫様」
「いやじゃ、いやじゃ!!おぬしはわらわを抱いたのじゃぞ!?わらわを置いていくな!
  わらわをキズモノにした責任を取れっ!女を食べて即ポイなど、男としていけないことなのじゃぞ!!」
  何が何でも聞き入れない、と俺に顔を埋める姫様。
  どう決心しようが、俺は女性を泣かせてしまう性分らしい。
「よく聞いてくれ、マリベル」
  無礼を承知で彼女を引き離し、目線を合わせて言う。
「俺は自分の犯した罪の償い方が知りたい。そのために旅に出るんだ。
  でも――――もし、その方法が見つかったら、もう一度最初から団長と姫様のこと考えてみようと思う。
  そのときは必ず、君に会いに行くよ。どうかそれまで待っていて欲しい」
  姫様の頭を撫でながら言い聞かせる。
「で、でも…」

 ガチャガチャと外が騒がしい。
  どうやら痺れを切らした城内の兵たちがこちらに向かって来ているようだ。
  そろそろここを出た方が良さそうだ。
「団長、行きましょう。兵が来ます」
  黙って泣いている団長を抱き起こし、歩かせた。
「あ……ウィリアム」
  涙の乾ききっていない目が俺を見つめる。
「必ず、必ずまた来ます」
  それだけ言って俺たちは姫様の部屋を出た。

「……待つ―――か……ウィリアム…」

14C

「ここまで来ればもう大丈夫でしょう」
  そう言って俺たちはかぶっていたフードを脱いだ。
  頭上には朝日が顔を見せる直前の白夜のような空。
  はるか向こうにはアリマテアの王都の出口。まわりには平野と一本の道。
  あれから急いで旅支度を終えると、捜索している兵の目を盗んで街を出た。
  なんとか見つからずに王都を出ることが出来たようだ。
「……」
  団長が口を閉ざしたまま城の方見つめている。
「団長?」
「……これで、良かったんでしょうか…」
  その問いは果たして俺に言っているのか、自分に言っているのか。
「わかりません。でも、俺はあのまま団長を死なせたくなかった。それは確かです」
「そう、ですか…」
  吹っ切れたのかどうか解らないが俺の方を見つめて微笑った。
「これからどうするんですか?ウィル」
「そうですね…この辺はこれから寒くなりそうですし……とりあえず南へ。
  構いませんか?」
「えぇ。どこへでも付いて行きます」
「行きましょうか、団長」
「はい!」
  俺たちは、南方へ続く道を歩いて――――って、あれ??

 道の側に立つ、一本の木の根元で二人の人影が見える。
  そのうちの一人はやけに体躯が小さい。……ちょっと待て。
「ウィリアムーーっ!!!」
  尋常ではない速さでこっちに駆け寄ってくる小柄な人影。……まさか。
「姫様っっ!!?」
  素っ頓狂な声を上げた俺に容赦なく飛びつく姫様。
「ウィリアムウィリアムウィリアムぅ!!
  来るのが遅いぞ!わらわは待ちくたびれたっ!!」
  どどどっどうなってる!!?なんで姫様がここにっ!?
  俺に頬を摺り寄せる姫様を見てここは城の中庭なんじゃないかと錯覚する。
「あ、あああなた!どうしてここに!?」
  混乱して舌がまわらない俺に代わって団長が聞いてくれた。
「ふふん、城を抜け出してきたのじゃ。わらわは待つのは苦手なのでな」
  得意げな笑み。
  ……し、城を抜けてきたぁ!?もしかして、俺たちが追われているのは団長が暗殺未遂したんじゃなくて
  王女誘拐の罪でなんじゃないのか……!?
「ひ、ひめさま〜…」
「む、ウィリアム。今さら城に戻れと言っても聞かんからな。
  何と言おうとぜっっったいに帰らぬからなっ!」
  俺の情けない声を遮って、先に答えた。
  ……やれやれ。姫様のいつものワガママっぷりに呆れながらも、どこか嬉しく感じている自分がいる。
「ところで姫様、あの人は?」
  姫様とは対照的にゆっくり歩いてくるもう一人の人影。
「あぁ、わらわが城を出ると言ったら侍女の一人が自分も付いて行くと聞かなくてな。
  結局、ここまで連れてきてしまった」
  姫様の侍女か。こちらに歩いてくる侍女の顔に目を向けた。
………ん?あれ、この顔は……。
「ご無沙汰しております、ウィリアム様」
「あれ…?シャロンちゃん?姫様の侍女だったの?」
  ……………。
  なぜか一瞬の沈黙。
「なぬぅっっっ!!!??」
  沈黙を破ったのは姫様の声とは思えない重低音ボイス。……下品ですよ、姫様。
「どどどどういうことじゃ!?ウィリアム!
  おぬし部屋でシャロンに会ったことはなかろう!!?」
  俺に顔を近づけ詰問。……ツバがとんでます、姫様。
「え、いや俺が騎士団に入った頃、新米騎士の給仕係をやってくれていたので……
  しばらくして居なくなったと思ったら…そうか、姫様の侍女をやっていたのか」
  懐かしみながら見つめると、シャロンちゃんは俺に黙ってお辞儀した。
「シャ、シャロン!!どうしてそのことをわらわに言わぬのじゃっ!!」
「聞かれなかったので」
「なっなんじゃと!」
  姫様の怒りの声をものともせず、飄々と答えた。
  はは。相変わらずだな。
  と、ここで会話に参加していなかった者の声が。

 

「それより姫様?」
  会話に置いていかれたのを拗ねているのか、なぜか団長の低い声。
「何用じゃ、マリィ」
  あれ、なんで姫様も臨戦態勢?
「いい加減そろそろウィルを放してくれませんか?彼に泥棒猫の匂いが付いたら困ります」
  団長の笑顔。でもやっぱり目が笑ってない。
「ほう。よう言うたわ、マリィよ」
  姫様はそう言って俺から放れた。対峙する二人。
「ふ、鎧を着ているときはわからなんだが……はんっ!」
「な、なんですか」
  嘲りの視線を受けて団長がたじろいだ。
「なんじゃ?その申し訳程度のヒンソな胸は?それでウィリアムをどうこうできると思うのか?」
「うっ…!こ、これは鎧の所為で圧迫されてこうなっただけですっ!まだこれから大きくなります!
  だいたい姫様に言われたくありませんねっ!そんな、胸どころか身体全部が幼児体型のあなたに!」
「ぐっ!ふ、ふん!じゃがわらわはもうウィリアムと交わったからの、ウィリアムはこういうのが
  好きなのじゃ」
  …もしかして凄く不名誉なこと言われてないか?
「くぅぅっっ!!ウィル!!」
「わっ!は、はい!!」
  急にこっちを睨まれた。
「今から私を抱きなさい!!さぁ!!」
「はいぃ!?って…うわ!団長!こんなとこで服脱がないでください!!」
「構いません!“あおかん”というやつです!!ウィル!早くあなたも脱ぎなさい!!」
  暴走する団長を必死で宥める。なんでこんなことしてるんだ…俺。
  いや、あの、俺ね、罪を償うためにね、旅をね……
  そこで俺の努力を無に帰す、姫様の非情な言葉。
「やめておけ。そんな情けなくなるような胸を晒すでない。
  せっかく出てきた太陽が呆れて引っ込んでしまうわ」
  暴れていた団長の動きがピタリと止まった。
  ……ブチッ
  あ、なんか切れた。何の音?
  その音を境に、さわやかな朝焼けなのになぜか物々しい雰囲気が漂い始める。

(あははっ。言ってくれますね。その首、切り落としてあげましょうか?)
(ふん!ならばわらわはウィリアムをけしかけておぬしの心臓に刃を突き立ててくれるわ)

「「ふふふふふふふふふふふふふふふふふ………………」」

 二人の不気味な笑い声。こ、怖いです…二人とも。

 どうやってこの場を収めようか悩んでいると。
「御二人は忙しいようなので、私たちは先に参りましょうか。ウィリアム様」
  仏頂面のままシャロンちゃんが俺に腕を絡め、無理矢理歩き出した。
「え?あ、でも……う、ちょ、ちょっと、シャロンちゃん?む、胸が…」
  腕に触れる柔らかな感触。二人のひん……いや、控えめな胸とは比べ物にならない
  質感がぽよぽよと……あ、鼻血でそう…
「だ、だから当たってるって、シャロンちゃん!」
「当てているのです」
「は、はい…?」
  なんつったの、今。

 

「「あ!」」
  先へ進む俺たちにやっと気づいたのか、走って近づいてくる二人。
「ウィルから離れなさいっ!」
「ウィリアムから離れよっ!」
  二人が同時に声を上げた。

 

 ゆっくり、東から登り始めた太陽が俺たちを優しく照らす。
  背負ってる十字架はやっぱり重いけど。
  それでも前に進むことはできる。
  二人が追い付いたのを確認してから後ろを振り返った。
  朝日に照らされる王都を見ながら復讐ばかり、後ろばかり見ていた過去の自分に決別。

 

 ――――そろそろ、俺も前を見て歩こうと思うんだ。
                   ………いいよな?キャス。

 

 前を見ると、俺たちの前に広大な平野と、一本の長い道がはるか先まで続いていた。

 

                       END C 『前へ』

2006/05/30 RootC 完結 Go to Epilogue

 

inserted by FC2 system