INDEX > SS > Bloody Mary

Bloody Mary



12A

 そうだ。もう寝よう。身辺整理して疲れているんだろう。
  無理矢理焦燥感を押し込め、俺はベッドに入ることにした。

 

――――――――…………

 

 城の中が慌しい。つい先程、賊が侵入したとのことだ。
「……ウィリアム…こ、怖い」

 なんという体たらく。己で引き起こした事態に部屋でガタガタ怯え、
  あろうことか城を去ったウィリアムに助けを求めるとは。
  しっかりせよ!マリベル!このまま死ねばウィリアムに二度と会えなくなる!
  震えている暇があるのなら何か考えよ!!
  ぱんっ!と自分の頬を打ち、奮い立たせる。

「シャロン!シャロン!」
「こちらに」
  恐怖を払いのけ、シャロンを呼びつけるとすぐ私の元に来てくれた。
  こういう切羽詰った状況のとき、本当にシャロンの存在は心強い。
「シャロン、おぬし戦姫マリィに勝てるか?」
「無理です」
  即答だった。わかってはいたが、そうはっきり答えられると不安になる。
「じゃ、じゃがおぬしは気配を殺すのが得意じゃろう?
  この部屋に来るまでたくさんの警備兵や騎士を相手にして疲弊している状態のマリィならばどうじゃ?」
  沈黙。シャロンは考え込んでいるようだ。
  しばらく吟味したのちわらわに答えた。
「マリィ騎士団長が他の何かに意識を集中していて、その時に背後から奇襲すればあるいは……」
  他の何か……マリィを返り討ちにするためにはその要素が足りない。
  ……いや、あるではないか。マリィがこれでもかと言うくらい集中する対象が。
「よし。ならばシャロンは隠れて待機。わらわがマリィを引き付ける。
  あの女が周囲の警戒を解いたと感じたら奇襲をかけよ」
「かしこまりました」
  シャロンはすっと気配を消してどこぞの物陰に隠れた。ふ、本当に気配を殺すのが上手い。
  策は成った。後はわらわ次第じゃ。決着のときは近い。
  深呼吸してあの女が来るのを待った。

 

 

 バタンッ!!
  乱暴に扉をぶち開ける音。
  ――――来た。
  扉の先にはぶつけられただけでショック死してしまいそうな程の殺気を放つ、
  王国騎士団長マリィ=トレイクネルが立っていた。
「あはっ。見〜つけたァ」
  底冷えするくらい楽しそうな声。これが戦姫の殺気ッ…!
「ふん、来おったか。マリィ」
  できるだけ強気に声を発する。
  殺気をぶつけられて発狂してしまいそうになるのを必死で抑えた。
「殺されるのが分かってて逃げなかったみたいですね。
  偉いですよ、姫様。それに免じて苦しまないよう殺して……」

 喋ってる途中で黙り込むマリィ。
  なんじゃ!?バレたのかっ!!?怖い、怖い!!
「やっぱり駄〜目ェッ!!あははははははははははっっ!!!!
  あなたはウィルを誑かしたんですもの。苦しみぬいて死なないと。あはっ」
「別に貴様のモノと言うでもなし……おのれにそのようなこと言われる筋合いなどないわ!」
  恐怖を押し殺す。本当は今すぐここから逃げ出したかった。
「ウィルは私のものウィルは私のものウィルは私のものウィルは私のものウィルは私のもの
  ウィルは私のものウィルは私のものウィルは私のものウィルは私のものウィルは
  私のもの!!!!!!!!!」
  怖い怖い!!!ウィリアムに助けてと叫びたくなる。
「だから人の物を盗っちゃう悪いお姫様にはきつ〜いお仕置きしないといけませんねぇ。
  あなたはウィルを苦しめた敵であると同時に私の敵。
  実は生きてました、なんてことがないよう念入りに殺してあげます。念入りに、ね」

 いつまでもこんなやりとりを続けていても意味がない。
  そろそろマリィの注意を完全にこちらに向けさせないとこちらが保たない。

「フンッ、何を言い出すかと思えば…おぬしの物?笑わせるでないわ。
  わらわはもうウィリアムと交わったぞ?おぬしはまだじゃろう?
  おぬしは知らぬのじゃろう?ウィリアムのものが身体に入るときの悦びを」
  瞬間。マリィの殺意が爆発的に膨れ上がる。
  わらわは恐怖で声をあげそうになった。だが周りへの注意が逸れるまで後少し。
「もういい。殺してやる…小娘」
  静かな激情を放ちながら剣を抜くマリィ。

 注意が――――――逸れた。

 瞬時に物陰から飛び出すシャロン。あっという間にマリィへ距離を詰める。
  あの女はまだシャロンに気づいていない。
  わらわは勝利を確信した。

 脳裏に浮かぶ、ウィリアムの少し困った笑顔。
  ――――――もうすぐ会いに行くからな、ウィリアム。

 

 

「――――――ル!おい!起きろ!!ウィル!」
  急激に現実へ呼び戻す誰かの声。
「え……あ………師匠…?」
  家の扉を叩く音と師匠の声で俺は覚醒した。
「なんです、こんな夜中に」
  瞼を擦りながら鍵を開錠する。
「ウィル!!お前聞いたか!!?」
  すぐに入ってきた師匠の慌て具合に俺は目を白黒させた。
「な、何をです?」
「城内で戦闘になってる!!賊は……あの騎士団長だ!!!」
  なッ!!!!?
  なんだ!?なんでそんなことが起こってる!!
  ……いや。だけどもう俺は―――――
「お前、こんなとこで寝てる場合かッ!!?さっさと城に行けッ!!」
「師匠。俺は騎士を辞めたんです。もう俺には関係ない…」

 ぐっ、と俺の胸倉を掴みあげる師匠。
「テメェ、本気で言ってんのか!!守りたいもんがあるんだろうがッ!!
  このまま放っとけばそれがなくなっちまうかも知れねぇんだぞ!!
  今度は本当に見殺しにすることになるんだぞッ!!!」
「ッ!!!」

 あの日のキャスの光景が鮮明に蘇る。
  そのキャスの姿に――――――姫様が重なった。

「くッ!!」
  俺は急いで剣を取り、弾かれたように家を飛び出した。

13A

 城は異様な雰囲気だった。
  手当てをされている兵士、固まって怯えている侍女たち、何か口論している騎士。
  城門付近にはいくつかの死体袋が転がっていた。
  まさか本当に団長が―――――
  侵入したという賊が本当に団長だったのか確認したくなったが、姫様の安否も気になる。
  すぐに城の中に向かおうか迷っていたそのとき。
「ウィル!」
  口論していた騎士の中に知り合いがいたらしい。 俺を見つけると急いでこちらに走ってきた。
「丁度良かった!ウィル、お前すぐ姫様のところへ行ってくれ!」
「なぁ、本当に―――」
「話は後だ!お前が辞めて姫様の『王の盾』がいないんだよ!
  団長が姫様を捜してるらしい!このままだと姫様が危ない!!」
  血の気が引いた。なんで、団長が姫様を……?
「それに団長は今トレイクネル卿殺しの容疑者―――」
「くそッ!!」
「あ!おいウィル!」
  同僚の話の途中で駆け出してしまった。
  ゲイル=トレイクネルが死んだ?団長が疑われている?
  俺が辞めてからいったい何があったんだ―――
  フォルン村のときと同じ悪寒が身体を包んで酷く寒い。

 姫様の自室に向かって走る。無事でいてくれと祈りながら。
  極度の緊張のせいかすぐに息があがってしまう。
  自分の身体に鞭を打ちつつ、ひたすら走った。
  やがて見えてくる姫様の自室の入り口。
(扉が――――開いてる!!)
  全身に戦慄が駆け巡る。一瞬そこで走るのをやめたくなった。鼓動が更に速くなる。
  ―――――姫様!!
  開かれた扉の前で立ち止まり、姫様の無事を―――――
「―――!!!!」

 

 だけど。

 そこに立っていたのは。

 誰かの鮮血を浴び、狂おしいほど鎧を紅く染め上げた、

 血まみれのマリィ団長だった。

 

「あ……あ……」

(なんだ、部屋一面に広がる紅いコレは―――――)

 団長がこちらに気づいて不思議そうな顔をする。
「あれ?ウィル、どうして此処に?
  あ、それより見てください!ほら!ウィルの敵、ちゃんと殺してあげましたよ!」
  楽しそうに両手を広げ、くるりと一回転。

(ベッドの上にある、あの赤い塊は何なんだ…?)

「これ、ぜ〜んぶあの王女の血ですよ!あはっ。
  あ、違うか。変な蠅が飛んできたからそいつの血も混ざっちゃってるんだった」
  童女のように笑う。

(団長が左手に持ってるソレはいったい何なんだよッ!!!)

「とにかく!あの王女は徹底的に殺しておきましたよ!ほら、これ!」
  得意気に左手に持つ物を俺に見せた。
  キャスの最期の瞬間と同じ苦悶の表情。それは、姫様の――――首だった。
「う……」
  バチバチバチッ
  脳髄が痛みを伴ってスパークする。

「うわああぁぁぁぁッッッッッッ!!!!!!!」
  無様に泣き叫びながら俺は剣を抜いた。
  また!また守れなかったッッ!!
  今度こそ、言い訳する余地もなく見殺しにした!!

「どうして私に剣を向けるんですか?大丈夫です、安心してください。私はウィルの味方ですよ。
  ウィルの仇はみんな私が殺してあげますから。こんな風に!」
  左手をプラプラさせる。
「……やめろ」
  わからない。自分の感情が。ただ頭が痛い。
「はい?」
「姫様を放せって言ってるんだッ!」
  どうして俺が叫んでいるのか本当に理解できない、といった表情で姫様の首を投げ捨てた。
「なんでまだ怒ってるんです…?これだけしてもウィルは私を許してくれないんですか?
  ウィルの代わりに復讐してるのに。」
  団長の言っていることが分からない。いや、わかりたくない。
「私を褒めてください。いい子いい子、してください。
  私の側を離れるなんてもう言わないでください。私と一緒に居てくださいよッ!!」
  俺の、せい……?
  俺が騎士を辞めたから…?
  俺のせいで姫様が死んだ…?
  俺のせいで団長はおかしくなった…?
  手が震え、持っている剣がカタカタと音を鳴らす。
「あ、そうか。まだ足りないんですね?
  これから陛下にも死んでもらいますから。他の人たちもなるべく早く殺します。
  そうすればウィルも私を許してくれますよね?」
  また、俺の所為なのか……
  剣を取り落としそうになって、慌てて構え直した。
  とにかくこのまま団長を行かせるわけにはいかない。
  これは俺の責任だ。俺が選択を間違えたからこんなことになった。
  だから俺が、団長を止めないと。
「行かせない」
  それだけ言うのが精一杯だった。
  つい先日まで尊敬していた上司に剣を向ける。
  気がどうにかなりそうだ。
「そこを通してください。
  ウィルは強いんですから手加減なんてできませんよ?痛い思いしちゃいますよ?
  私が味方だって証拠もすぐ見せます。だから剣を収めてください」
  曇った瞳を俺に向ける団長。
  彼女はもう、俺の知ってる団長じゃない………
  そう決断すれば身体はなんとか動いてくれた。
「わぁぁッッッ!!!」
  型も何もあったもんじゃない。団長に向かってただ我武者羅に剣を振るう。
  だけどそんな太刀筋が通用する筈がない。
「もう。大人しくしててください」
  俺の斬撃を軽くいなし、こちらの体勢が崩れると
  もの凄い速さで突きを繰り出してきた。
  目前にまで迫る団長の剣先。
  必死で身体を捻るものの、体勢の崩れた俺にかわせる道理もなく。
「ぎっ!!?」
  あっさり直撃し、激痛と共に俺の世界は暗転した。

Last A

 アリマテア王国から程近い国の、とある街の一角。裏通りの真ん中で一人の男が斬殺されていた。
  相変わらず惨い殺し方だな……
  思わず目を背けたくなる。
「どうやら武器商人のようですね。
  アリマテアから亡命してきた例の事件の関係者みたいです」
  死体の身元を割り出してきた兵士が上司にメモを読み上げながら報告した。
「そうか。となると今回もどこか近くに犯人がいるってことだな」
「どうします?捜索しますか?」
「馬鹿言え。あんな化け物、相手にできるかよ」
  部下の提案を慌てて却下する上司。
「この事件はな、専門に追ってる人間がいるんだよ。
  追跡はそいつに任せて俺たちは現場検証担当だ」
  そこでちらりと俺を見た。どうやらお呼びらしい。
  少し離れて様子を見ていた俺は二人に近づく。
「あんた本当に大丈夫なのか?」
  俺への信用はゼロ。
  まぁ当然か。事件の度、俺は彼女を取り逃がしている。
  その辺りの話は噂で誰もが知っている事実だ。
「問題ない。それに多分、今日で最後だ」
「はぁ?」
  その上司の疑問の声は無視して俺は歩き出した。
  そう、今日で最後。虐殺事件に関わったとされる貴族や武器商人たちはもう全員、
  この世にいないのだから。
  どうせここからそう遠くない場所で俺を待っているんだろう。別段急ぐ必要もない。

 

 姫様が殺されて丁度一年が過ぎた。
  あの団長の刺突で死んだと思ったが、どうやらなんだかんだ言っても手加減されていたらしい。
  俺は右目を失ったものの、命に別状はなかった。
  国王陛下もあの晩、団長に暗殺された。
  国内は先の戦争の英雄が乱心したと騒ぎになったが、次いでフォルン村の真実がまことしやかに
  囁かれるようになると彼女への人気は更に高まった。
  今では尾ヒレがついて王も事件に何か関わっていたのではないかと言われている。
  あれから団長は虐殺事件に加担した者を次々と殺害していった。俺に許してもらうために。
  だけどそれは民にとって、腐敗した王国政治を粛清する高潔な人物に見えるらしい。
  団長を『救国の戦姫』と呼んでいる者はもういない。
  今の彼女の二つ名は戦争を引き起こした罪人を容赦なく惨殺するその姿から、
  畏敬の念を込めてこう呼ばれている。

 ブラッディ・マリィ、と。

 一方俺の方は、王国に団長追跡の任を任せられている。民から見れば俺の方が悪者なのだろう。
  名声のために故郷を売り、かつての上司を殺そうとしている大罪人として罵られている。
  これでいい。責められるべきは俺なのだから。
  国内は現在ガタガタだ。新たな王を迎えて何とか立て直そうとしているが、例の事件が明るみになった
  せいで国民の反感が強すぎる。
  国民が革命を起こすのも時間の問題だ。
  そんなこと今の俺にはどうでもいい話だが。

 

 しばらく歩いていると急に視界が開けた。
「墓地か……」
  その墓地の真ん中で彼女が俺を待っていた。今の俺たちにお誂え向きな場所だ。
「団長」
「あははっ。おかしいですよ、ウィル。私もう騎士団長じゃないのに」
  狂った瞳。俺は一年間、この眼だけを追ってきた。
  俺が捨てた復讐心を拾って彼女は狂ってしまった。
  一年奔走したが、とうとう団長を正気に戻すことは出来なかった。
「終わりにしましょう。もうあなたが殺したい人間は居ません」
  そう言いながら抜剣した。
「そうですね、私も正直疲れました。全部殺したのに結局ウィルは許してくれませんでしたし。
  他に許してもらう方法も知りません。だから――――」
  俺に続いて剣を抜く団長。
「あなたを殺してゆっくり愛してあげます。これでずっと一緒ですね。ふふっ」
  嬉しくて悲しい。
  こんなに俺を愛してくれているのに俺の声は届かない。
  恐らくこの戦いは一撃で決まるだろう。
  一年間随分と苦労したが最後はあっさりした終幕になりそうだ。
  向き合いながら同時に剣を構えた。
  そこで団長が何か思い出したように。
「あ、最期にひとつ言い忘れてました。
  ウィルがこの一年間、私だけを追ってきてくれて、私だけを見てくれて凄く嬉しかったですよ。
  ありがとう」
  その言葉を最後に俺たちの殺し合いが始まった。
  一気に二人の距離が縮まる。
  お互いの心臓を狙って交差する二本の剣。
  避けられるはずの俺の突きを団長はかわさなかった。
  命を刈り取らんと急所に向かって突進する切っ先。
  それが心臓に到達する直前、俺は確かに聞いた。

 

『愛しています、ウィル』

 

 致命傷を与えた手応えと心臓を破壊される痛みを感じながら、思う。

 俺の告白に笑顔で答えてくれたキャス。
  いつも俺に飛びついて甘えてきた姫様。
  嬉しそうにプレゼントを受け取った団長。

 ―――――――結局俺は、最期の最期まで何も守れないんだな………

 

                       END A 『咎人たちの末路』

2006/05/24 Root A 完結 Go to B

 

inserted by FC2 system