INDEX > SS > the scene of pandemonium

the scene of pandemonium



1

キーンコーン……
五時間目の授業が終わり、同時に目が覚める。うん、良き睡眠かな。
「くぁ…」
背伸びしながら欠伸をしていると……
「よ!俊太!相変わらず爆睡街道まっしぐらだな。」
「なんだ…北斗か……いきなり大声出すなよ。」
後ろから声をかけてきた野郎、『秋谷北斗』。所謂幼馴染みって奴だ。
幼稚園から高校まで全部同じクラスと言う奇跡をたたき出した。
「なんた〜?相変わらずアンニュイなやっちゃなぁー。オッケ!ゲーセンいっか!!」
まぁ、俺みたいな性格にはこういう奴が一番あうのかもしれないが。実際うるさいがいい奴だ。
「あれ?だってお前、麗奈ちゃんと約束あるって…」
「あーあー!いいんだよ!女より男の友情。それ、優先第一位。麗奈のやつなんざまた明日にでも……」
「明日にでも…なに?」
合掌
これで今日のゲーセンは無しだな。
「あ、あららぁ〜。麗奈ちゃぁーん。どったの?そんな怖い顔しちゃって。」
その怖い顔の主、小林麗奈。北斗の『正式な』彼女だ。何故正式をつけるかというと……
「ホックン、テニス部の後輩にまた手出したでしょ…」
「え?…っとぉ〜…テニス部、テニス部………加奈ちゃん?あ、ちが、それ美術部だ……」
「こんの浮気物!!!何度言われれば気が済むのよ!!!」
「いたたたたた!!!ギブ!!ギブ!!」
女ったらしというやつだ。まぁ、たらしとはいえ、他の女の子との付き合いは浅い。
せいぜい一緒にお茶でもってあたりだ。麗奈ちゃんの事はちゃんと好きらしいからな。

「俊太!!ぼーっとしてないで助けを……」
「心配すんな。保健室、空いてるぞ。」
「ぐあぁぁぁ!!!」

 

ゴキッ!
あちゃぁ。鈍い音。これで本当に保健室送りだな。まぁ、見舞いに行くのは野暮だろう。
今日はこのまま帰ってぐっすりと………
「あ、あ、あの、あの。俊…太君!!」
おっと。この吃りかたは……
「やぁ、紗那ちゃん。どうしたの?」
小動物みたいな少女、岡崎紗那。中学、高校と同じクラスで、顔を合わせれば話すってぐらいの仲だ。
ただ、高校に入ったぐらいから、話す時に落ち着きが無くなったような気がする。
「え、あ、あのね、これ、担任の江川先生の所に持って行って欲しいの。」
そそくさとプリントを渡される。
「えー?……なんで俺が…」
「よ、よろしくねぇ!」
文句を言う前に去ってしまった。うーん、我が儘だなぁ。
「なんで俺が…」
「恐らく、なんらかの会話をしたかったのだろう、俊太と。」
いきなり北斗が沸いてきた。
「うわ!…いつの間に……麗奈ちゃんはどうした?」
「1ラウンドK.oでダウンしている。試合会場は保健室だ。」
ニヤリ
「生々しいな。」
ニヤリ
「ああ、実に生々しい!」
これで会話が通じるってんだから、幼馴染みも便利なもんだ。
「ところで紗那ちゃんの事だが…」
「あぁ…プリント渡したら走っていっちゃったよ。相変わらず忙しい子だね。
…中学のときもあんな感じだっけ?」
「いや、彼女は中学から変わらず、しっかり者だぞ。…お前の前だけだ、あんなに緊張してるのは。」
「は?なんで俺だけ?」
そんなに忙しそうに見えるのか?俺。
「はぁ〜〜〜〜〜。まったく。お前は亀さんだな。」
出た。北斗の意味不明なたとえ。
「なんだよ…それ。」
「鈍いってことさ。」
…俺の何処が鈍いんだ?

2

「はぁ…嫌われちゃったかなぁ」
俊太君の所から逃げるように走ってきてしまい、後悔の溜め息をつく。
いっつも俊太君の前では上がってしまいます。
俊太君のことを気になり始めたのは、去年の学園祭です。
クラスの演劇で、俊太君が主役、私がヒロインをやって、その時の練習で本当に好きなってしまいました。
いつもは無気力だけど……やる時はやってくれます!
「よ、よし!」
友達から恋人へ。ランクアップ作戦です。今ごろは職員室に居るはずです。では、ファイト!





職員室の前。俊太君の声が聞こえます。まだ中に居ますね。ちゃんと…やれます!
ガララ
「おほ!紗那ちゃん。どったの?」
「う、あ、北斗さん…」
予想外でした。俊太君だけだと思ってたのに……
「あぁ、紗那ちゃん。届けといたよ。」
「うん、あ、ありがとう」
あぁ、ちゃん付けで呼んでもらえるなんて嬉しい…落ち着け、私!頑張れ、私!!
「あ、あの、これ、見て欲しいの。家で開けて。」
1枚の封筒。これが関係を進める切り札です!
「え?…何これ?」
「おいおい…これって…」
「あ、じゃ、じゃあしっり読んでね。」
ダメ。また緊張してきちゃった。もっと俊太君の顔を見ていたいけど、限界です。
考えとは逆に、体は走っていってしまいました。
はぁ…もっとお喋りしたいのに……もっと俊太君の事、知りたいなぁ……
恋人は…今のところいないわね。去年の学園祭からずっと登下校を見てきたけど、いっつも一人か、
北斗さんとだけしか一緒に居たことはないし。
アパートで一人暮らし。
9時まで見ているけど女性の影は無し。
……でも油断は禁物よね。これからまた俊太君の後をつけないと…

「あらら、いっちゃったよ。」
「ほら、やっぱりあわてんぼうだ。」
「だからそれわ…いや、いい。お前にいっても無駄か。それより、なんだそれ?
…は!そうか、ラブレターかぁー。いいなぁ、オイ。初々しいよなぁ。」
また変な妄想が始まったな。
「いや、茶封筒に入れたラブレターなんて聞いたことがない。ってか、紗那ちゃんが
俺にラブレターを書くわけないだろ。」
俺と紗那ちゃんじゃあ釣り合いが悪すぎる。
「はぁ…本気で言う辺り、紗那ちゃんも報われないなぁ……」
ぶつぶつ言う北斗をよそに、封筒を開ける。家でも学校でも同じだろうな。
中からは一枚の紙切れ……もとい、チケットがはいっていた。
『招待券』と書かれていた。
「招待券?なんの招待だ?」
「そういや、紗那ちゃんって、お金持ちの家のお嬢様なんだよな。そんな家の招待っていや、
どでかいパーティーかなんかだろ。」
パーティーねぇ……そんなのに俺を誘う理由なんてないだろ。
「…プリント届けたお礼か…さすがお金持ち。スケールが違うなぁ。」
ん?北斗のやつ、溜め息つきながら頭かかえてやがる。こいつ、頭痛持ちだったか?
まぁ、せっかくもらったわけだし、行ってみるか。パーティーつっても、そんな馬鹿でかいわけないだろう。
うんうん。息抜き息抜き

3

舐めて見ていた俺が悪ぅございました。
えぇ。パーティーつってもホテルのホールでも借りてやるんじゃないかと思ってたが………
まさか。別荘でやるだなんてな。しかもこんな馬鹿でかい。学校の体育館ぐらいあるぞ。
そのうえ皆ドレスにタキシード。はぁ…もろ普段着の俺は肩身が狭いよ……帰ろっかな。
「あ、俊太君!来てくれたんだね。」
おや、この声は紗那ちゃんか。
「来てくれたって、紗那ちゃんが招待した…ん………じゃん?」
振り向いてびっくり。紗那ちゃんはドレスアップしてた。スリットの入った、
大人の雰囲気ムンムンだ……半端なくかわいいな。
「ど、どう、なか?」
相変わらず吃りながら聞いてくる。
「あぁ…かわいいよ……」
「え、ほ、ほんと!?よかったーぁ。どれを着ようかなやんだんだぁ―。」
うあ。俺としたことが、素直に答えちまった。柄じゃないってのに。真っ赤な顔の紗那ちゃんに、
照れ隠しに聞く。
「俺…明らかに招かざる客だと思うんだが……完璧に浮いて居場所がないよ。」
実際、さっきから通り過ぎる人がジロジロ見ていく。
「うん、大丈夫!私がずっとそばにいてあげるから。」
「ああ、そりゃ助かるよ。」
知り合いが隣りにいるだけでだいぶ楽になる。しばらく他愛ない話をしながら、飲み食いして時間を潰す。
「ん?結構人増えたな。」
「あ、そろそろイベントが始まるよ。ビンゴ大会。」
…今時の小学校でもそんなことしないぜ。…出るのか?これ。
「わわ、はぐれそうだね……ね、ねぇ。俊太君…」
「ん?どうした?」
「あ、あのさぁ…はぐれないように…て、手、…」
「手?」
「手、繋が……」
「ほら!紗那!伯父様達が来たわよ!こっち来て挨拶なさい!」
紗那ちゃんがなにかいい終える前に、母親らしき人物が手を引っ張って奥へと連れて行ってしまった。
「ああ!お、おかぁさぁーん………」

 

なにかもがいていたが、抵抗虚しく行ってしまった。
……また一人か…手持ちぶさた。ってかまた注目の的になっちまうよ……
気持ちを落ち着けようと、飲み物を注ぎながら、ビンゴ大会にでも出ようかななんて考えていると…
「お隣り、よろしいですか?」
「は!?っとと…」
いきなり声をかけられてびっくり。ジュースをこぼしそうになった。振り向くと、同い年だろうか……。
これまたきれいな女性があらわれた。
「うふふ……」
こぼしそうに慌ててたのがおかしいのか、上品そうに手を口に当てて笑う…というより微笑む。
「私も、よろしくて?」
そう言ってコップを差し出す。注げって事か。はいはい…
七分目まで注ぐと、これまた両手で上品に飲む……これだから居づらいんだよなぁ、俺は。
『それではこれからビンゴ大会を始めます!御参加なさる方は、ビンゴの用紙を取りにおこしください。』
マイクでのアナウンスが流れる。どうしようかとチラチラ見ていると。
「ビンゴをなさるより、少しお話し致しません?」
「はぁ?…まぁ…いいけど。」
なんとなく。タダなんとなく彼女と話してみたかったので、頷いた。
「ふふ…じゃあ、外へ出ましょうか?」
言うやいなや、さっさと手を引いて外へでていく。…まったく、金持ちってのはせっかちだな。
スタスタと人気のない裏庭に連れてこられる。見掛けによらず強引だな。
「さて…」
止まったと思ったら、クルリと振り替える。
「あーーー!苦しかったぁ!!あんな場所、ほんっといずらいわよねぇ。」
「は?」
いきなり豹変した。
さっきまでの上品さはどこに?
「君も、居辛そうだったよね。だから連れ出したんだけどさ。」
「あ、あぁ…まぁ、確かに居辛いな。」
なんとか話を合わしていく。まだ豹変っぷりに追いついていけん。……二重人格か?
「私もさぁ、家柄がどうこうって言葉遣いだの行儀作法とかってほんっとめんどくさいのよねぇ。
あ、さっきのはたくさん人がいたから」
………よくしゃべるな

2006/05/04 To be continued...

 

inserted by FC2 system