INDEX > SS > 鏡

鏡 -涼編-

Ryo side
Mayu side
True
Revenge
Dimention
Epilogue

 

1

「お〜い!涼くーん!」
「ん…真奈か…」
名前を呼ばれ、振り向いた青年、坂巻 涼。目付きが悪いことと同じように、
性格も口も悪く、教師からの評価も悪い。
対してやって来た少女は森崎 真奈。 長めのポニーテールが特徴である。
涼とは幼馴染だったが、先月晴れて恋人になった。
「はい、お弁当!」
「あぁ、悪い」
高校の屋上で食べる二人。既に学校では二人の関係は広まっており、立ち入り禁止区域となっている。理由は…
「はい!タコさんウィンナー。あーん」
「……あーん」
見てのとおり、「典型的」甘さで、その場を占めているからだ。
恐らく「無愛想」「無礼」「無感情」の涼をここまで誘導できるのは彼女ぐらいだ。惚れた弱みと言うのだろう。



「ごちそうさん」
「エヘヘ、お粗末様でした。」
頬を赤らめながら弁当箱をしまう。だがまだ終わりではない。さらなるシュガーZONEへ。
「じゃあ次は歯磨きね。はい!」
そう言って目を瞑り、唇を突き出す真奈。
「ハァ…またやんのか?マジで勘弁してれ」
先ほどの破顔はどこへやら。一転して半べそをかく真奈。
「したく…ないんだ…ヒグッ……そうだ…よね……私なんかと……グス」

「…恥ずかしいだろ。お前も」
「私は涼くんとだったら何でもできるもん!そうなんだね、恥ずかしいんだね!
私みたいなのと付き合うのが恥ずかしいんだね!」
脈絡のない論点のすり変え。発作的なヒステリックは勘弁願いたい。
「わかったから…やりゃぁいいんだろ?」
ここでいくと、泣いたままクラスへ=学校のプリンセスが泣いている!=クラスの野次馬どもの責めたて=五月蠅い。
の式が成り立つ。よって折れる。
(保身のため保身のため……えぇい!ままよ!)
自分に言い聞かせながら一気に口付ける。
「ん…ぷは…ぇう……レロ…んんっ」
互いに舌を混ぜ合い、一分ほどのディープキス。これが彼等流「歯磨き」
「ぷはっ。…へへー、キレイキレイ」
そんなバカップルも裸足で逃げ出す行為をしてるまに昼休み終了。予鈴がなる。
さらに頬にキスをした後、遅刻しちゃう〜と叫びながら走る去る真奈。
「ぐおぉぉぁぁ〜」
片や全身の発疹に身悶える涼。そんな彼の午後は自主休講。

2

結局俺はそのまま昼寝をし、起きたのは四時だった。
真奈の奴は委員会で遅くなると言ってたから、先に帰ろう。
階段を下り、渡り廊下を歩いていると、親しい顔の女子の後ろ姿が見える。早足で寄って背中を叩く。

「よう、真由」
「ひゃ!…あ、涼さん、どうも。」
そう言って律義に頭を下げ、ニッコリと微笑むのは真奈と同じ顔…つまり双子だ。
この二人とは同じアパートに住んでおり、向いの部屋ということでよく一緒に遊んでいた。
ちなみに真奈が姉である。本当に瓜二つだが、髪型の違いで見分けられる。
真由は真奈と同じ長さのツインテールだ。
「今から帰りか?」
「えっ!?えぇ、そうです、帰りなんです。」
「じゃあ一緒に帰るか?」
「は、はいぃ!」
なぜ声が裏返る。何時からかこいつは誰にでも敬語を使うようになった。
最近はやたらと俺と距離を置くようになったが…。
性格が反対の真奈の顔で他人行儀な態度をとられるとなんかむず痒い。
「あの、あの。姉さんはいいんですか?」
「ん?構わねぇだろ。先帰れ言われたし」
そう言って真由の歩みを促す。
こうして歩いているのを見た輩が、やれ不倫だの二股だの喚くが気にしない。興味で騒ぐ奴は無視だ。

帰り道。 他愛の無い話をしながら歩いてると、急に真由は真剣な顔をした。
「あの…姉さんの事、見捨てないでくださいね。ふだんと違って、あの人寂しがり屋ですから。」
「??…ぁ、ああ」
いきなり言われて返事に吃る。今までに無い事を言われたからだ。
「心配するな。浮気は憎むほどに嫌いだからな。」
馬鹿な親父への軽い当てつけ。そのせいで今は一人暮らしだ。
それを聞いてまたニッコリと微笑む真由。
「じゃ、また明日な」
「はい、おやすみなさい。」
部屋まで着き、鍵を開けて中へ入ろうとする。その時。

「クスクス…私だって…本当は……クスクス」

嫌な寒気と共に真由の声が聞こえたと思い振り返ってみるが、既に廊下は誰もいなかった…。
「……ん?」
その奇妙な感覚にうち震えながら部屋へ戻っていった。





夢を見た。

またあの悪夢。

女が全裸で俺の上でまたがり、淫らに腰を振る。
本当なら興奮する夢だが、なぜか俺の意識は冷めていた。何よりも恐怖が心を占めていた。
女の顔が見えない。ぽっかりと穴が開いたような、ぼやけた顔が恐ろしい。意識とは逆に、体は絶頂に上り詰める。
そして果てると同時に、それは夢の終わりを告げる。

「最悪だ……」
ここ一週間同じ夢を見て、ひどい倦怠感に襲われる。
ただの夢だ。その時はそう割り切っていた…。

3

今日は雨が降っていた。雨は嫌いだ。憂鬱になる。いつものように姉さんと朝食をとり、玄関を出る。

「おはよう。真奈、真由」

「おはよ!涼くん」
「おはようございます、涼さん。」
やっぱりだ。涼さんはいつも姉さんから先に呼ぶ。なんでだろう?
私も姉さんもそう変わりないのに、いつも姉さんしか見てない。なんでなんでナンデ?
口が悪いけど私たちには親しく接してくれる涼さん。
お母さんたちが事故で死んだ後、自分の親の離婚や失踪にも弱気を見せずに私たちのことを一番心配してくれた涼さん
似合わなくも可愛らしい黄色い傘をさす涼さん。
滅多にしないオレンジの香水に気付かない鈍感な涼さん
どんな涼さんでも私はアイシテイル。なのにナンデ姉さんなの?

姉さんと同じ顔、同じ体、同じ声なのに、いつも周りから姉さんが評価されていた。
唯一性格が違った。姉さんは誰にでも優しく明るい。私だって昔からそうだった。
でも、お母さんたちが死んだ時、私はそのショックを受けきれず、他者との交流を閉ざしてしまった。
まともに喋れるのは姉さんと涼さん、それと2、3人の友達だけ。
でも姉さんと涼さんが「恋人」という形で付き合い始めてからは、二人にも話しずらくなった。
その影響で友達とも話す回数が減り、クラスでは孤立してしまった。
二人の仲を恥ずかしながらも幸せそうに話す姉さん。彼女は嫌味や自慢で話しているのではない。
天然なのだ。それは私が一番よく知っている。でも私はそれを素直に聞き入れられず、曲がった形で受けてしまった。
それに気付いた頃にはもう手遅れだった。
一度点いた黒い炎はもう消えない。すべてを燃やすまで

姉さんが、姉さんが私からすべてを奪うんだ。周りの評価も、人生も、愛する涼さんも…………。

だったら

奪い返せばいい。

4

同日 森崎宅

「姉さん、話があるの。」
「ん?なになに?」
夕食を食べながら真奈に話を切り出す。

「あのさ、真奈、涼さんと別れてくれない?恋人として。」
「え…?な、何言ってるのよ〜真由ったら。冗談はやめてよぉ。」
「私は本気よ、真奈。私が涼さんの恋人になるの」

「ちょ、ちょっと!何脈絡のない事いってんの?そんなのに賛成できるわけないでしょ!?」

「いいじゃない。真奈は周りから褒められて、友達も多いし、涼さん以外にも恋人なんてできるでしょ?簡単に。
だから私に涼さんを譲ってもいいんじゃないの?」
だんだんと目が座ってく真由。
「い、嫌よ!!涼くんだけはダメ!!絶対、絶対ダメ!やっと恋人同士になれたのに。別れるなんて絶対嫌!」
「フフ。アハハハ。恋人?真奈がしてるのは恋人ごっこじゃない。男としてじゃない、
幼馴染として好きの延長上にいるだけよ。私は違う。男として涼さんだけを愛せる。
涼さんがいれば他は何もいらないわ。真奈、あなたもいらない。」

「男として愛す?アハ、いいわよ。わかったわ真由。明日の昼休みが終わる頃、屋上に来なさい。
そうすれば私たちの仲がわかるから。」
そのまま味気無い夕食を終えた

翌日

晴れ渡る空。
「あー。良い天気だ。」
柄にも無い事を言ってみる。そうでないとおかしくなりそうだからだ。
「………」
「………」
「う」
重い。いつより明らかに機嫌が悪い。姉妹喧嘩でもしたのだろうか。まぁ俺の割り込む余地は無いだろう。
二人とも目が座ってるからあまり触れたくない。

教室

「坂巻君」
「あ?」
クラスの女子が教室に入った途端話しかけてくる。顔は覚えてるが名前は……忘れた。
「須加先生が探してたわよ。今度の委員会のことで。」
「あぁ、わかっ、だ!」

返事をし終える前にぐいと強い力で腕を引き寄せられる。見ると真奈が笑顔のままキリキリと腕を掴んでいる。
「高野さん、今度からそういうのは私に通してくれるかな?」
「え?あ、うん」
「ほら、職員室行くよ、涼くん。」
強引に廊下に引きずり出される。
「一人で行くっての。なんだよ、いきなり。」
「アハ、ダメよ。私がいないと、また変なのが寄ってくるでしょ?涼くんの居場所は私の隣りだけでしょ?」
そう言って腰に絡むように抱き付いてくる。歩きにくいし周りの目線が痛い。そのまま職員室へ。
須加も話ながら俺に目を合わせない。職員の目が痛い。
結局授業中以外はずっと隣りに引っ付いていた。須加に言われた事を同じ委員の池田に伝えようと話しかけたら、
思いきり抓られた。
「いだだだ!」
「アハ。だから、私が、代わりに伝えるって、言ったじゃない。」
真奈の手を払う。
「あのなぁ!拘束するつもりならやめてくれ!」
「拘束?違うよー。恋人として当たり前の事でしょ?常に隣りにいて、何が悪いの?」
「そんな一方的に押しつけるのはやめてくれ。恋人でもある程度距離をあけるもんだろ。それに今日のお前、
なんか変だぞ?真由と喧嘩したからって八つ当たりはやめ…。」
「真由の名前を言わないで!!」
そう叫びながら胸倉に掴み掛かり、強い力で締める。苦しいと肩を何度か叩くと、我に帰ったように手をはなす。
「あ、り、涼くん。ごめんね。ごめんね。苦しかったよね?ごめん。もう二度としないから許して。嫌いにならないで。
ごめん、ごめん、ごめん。」
半泣きで抱き付いてくる。正直恐怖を感じた。今日は逆らわない方がいいな。

「わかった、わかった。許すから。…飯食いに行くぞ。」
「うん!!」
晴れた笑顔で教室を出ていく真奈。それを追う様に、静まった教室から俺も抜け出した。

5

いつものように屋上に出る。何だか空が曇ってきた。反面真奈は…
「はい!」
「お、おぉ。」
全力の笑顔。今は自然であり不自然に感じる。終始その笑顔のまま弁当を食べ終えるといつものように
「は・み・が・き」
抱き付かれながら上目遣いで言われる。男の性なのか。ふだん無欲な俺もドキリとする。
「ん、ふぅ」
キスをしながら真奈の腰に手を回す。なんだか普段より興奮しているのがわかる。
たっぷり一分近くキスをし、唇を離すが…
「ん、んん!」
真奈に再度キスされながら、全体重をかけられ押し倒される。
ガン!
「んぐ!」
とっさの事に、手で受け身をとれず、強く頭を打った。一瞬視界がぼやけ、耳に高鳴りが響く。
「ん、んんぅ、ふう、はぁ」
こっちが苦しんでいる事に構わず、真奈は口内に無理やり侵入する。
「んく、んく、んく、ぷぁ。はぁぁ。涼くん。唾飲んで。私の唾。んん。ぅう」
押し込むように大量の唾を流し込まれる。そうやって口を攻められたためか、頭がまともな思考しなくなる。
(真奈がホシイ)
そう本能が理性を破り、叫び出す。腰がむず痒さとともに熱くなる。
「あぁ、凄いよぉ。涼くん、興奮してる。私で興奮してる。」
「あぁ、真奈!!」
獣の様に混じり合う。sexは前に一度だけした。互いに初めてで、見本の様に初々しかった。
でもこのsexはそれとは違う。「愛」ではなく、「欲」を求める性交。「欲」=「愛」と勘違いをする。
前とは比べようのない快感を得る。
「ん、ん、んん、いい!イク、イ、イクゥゥゥゥ!!」
「くっ!」
オルガで体が震える。何の考えも無く、全てを膣へブチまける。何度も精の塊が流し込まれる。
「ハァ、ハァ、ハァ、ん、はぁ、あつぅい、よぉ……フフ、ハハハハ。したくなったら、いつでも言ってね。
どこででも何度でもやらしてあげるから。…ね?」
そのまま放課後まで、倒れ込んだまま過ぎていった。

帰り道。雨が降っていた。真奈が持って来ていなかったため、二人寄り添って俺の昨日置きっぱなしだっ傘で帰る。
「あーっと…体、大丈夫か?その……あんなに激しく…ヤッて」
「え…うん。なんともないよ。平気平気。」そう言って更に体を寄り添わせる。見ると顔が真っ赤になっている。
雨に濡れて冷静になったため、少し恥いているのだろう。会話に乏しいままYの字分岐に着く。
「あ、私今日バイトだからこっちだ。」
「ん、おぅ。そうか」
普段なら送っていくところだが、さっきの後のため、早く一人になりたかった。
「じゃあこの傘持ってけよ。俺は家まで近いから大丈夫だからさ。」
「う、うん。ありがとう。……じゃあ、また…」
「ん、またな。」
少ないやりとりを経て別れる。



「はぁーー。しっかし、今日の真奈はなんだったんだ?少し怖かったし。」
そう一人でぼやいていた。少し歩きだしながらうつむいていた刹那。
キキィィーーーーー!!!!!!ドン!!!
少し遠くから聞こえた急ブレーキに続く鈍い音。その音から考えられる可能性を思い描く。
「ははっ、まさか、な。」
言葉とは裏腹に、足は来た道を戻る。だんだんと早足に、そして走り出す。
先程のYの字分岐まで戻り、真奈の行った道を行く。
「ハァハァハァハァ。………はは、あっはははは。なんで……なんで……だょ。」
目の前の最悪の光景にタダ空笑いが漏れるだけだった。
道の真ん中に止まる白のワゴン車。
開いたままひしゃげた赤い傘。
俯せに倒れる一人の愛しい少女。その体からは赤い水が雨と共に流される。
「マナ!マナァ!!マナァァァァ!!!!!」
ただ少女に抱きつき、叫ぶしかなかった。認めたくない。夢を覚ますように叫ぶ。
だが無情にも降り注ぐ雨が激しさを増し、現実を押し当てられた………………

End 『Ryo Side』

Go to "Mayu side"

 

inserted by FC2 system