INDEX > SS >生徒会室

生徒会室の異変



1

静かに一人でおやつを食べながら、備え付けのテレビでも見ようと、
放課後の生徒会室の前まで来た時。
鍵がかけられている部屋から、副会長の西野妙子の声が聞こえて来た。
かすかだけれど、でもなんだか様子が変。・・・どこか苦しそうな、呻くような声。

『やだ、ひょっとしてたえちゃん、Hなコト、してる?』

一見真面目で従順そうな美少女の妙子はとてもモテる。
自分でもそれを自覚しているから、たくさんの男子を思うままに貢がせている。
・・・イクとこまで行っちゃった関係の男子も、両手の数じゃきかないって話だ。
ルックスだけならアタシだって妙子に負けるつもりはないけれど。
いや、ぶっちゃけ、自信は、ある(笑) 
でも、あんな風に男に媚びるのは、ちょっとなあ・・・

だから、従弟とはいえ、アイツの前でも、つい、ね・・・
だって一応は同じ高校の先輩後輩なわけだし・・・

『・・・ちょっと覗いちゃおう・・・ごっめんねー、妙子・・・
後日の為に、ちょいと勉強させてもらいますよぉ・・・』

ささやかな好奇心。
でも、この時目にした光景を、アタシは一生忘れられないだろう。
・・・知らなかったほうが良かったのに。
・・・いや、もっと早くに気付いていれば、ここまで手遅れになることはなかったのに。

会長権限で持っている合鍵で、入り口のドアをそっと、開ける。
・・・隙間から覗くと、生徒会室の真ん中で妙子が椅子に座っているのが見えた。
どうやら、彼女の前には、誰かがしゃがんでいるようだ。
妙子は真っ白な喉を仰け反らして、時折喘ぎ声を漏らしていた。

『あ・・・あぁ・・・そこ・・・うッ、そう、こないだ教えてあげたみたいに・・・
そこがいいッ!』

聞いているコッチが真っ赤になるような、猛烈な喘ぎ声をあげると、妙子の姿勢が変わって、入り口側に体の正面を向けた。

最初はなんだか良くわからなかった。
妙子はスカートを捲り上げ、両脚を広げて椅子に座っている。
その長く白い両脚の間に、一人の制服姿の男の子が跪いている。
ここから見えるのは、その線が細く、華奢な背中だけだ。
・・・アタシが良く知っている背中。
・・・・・・今朝もアタシが見送った、あの背中。
彼は頭を、妙子のスカートの奥に突っ込んでいる。
妙子は男子の頭を片手で押さえつけ、
空いた手でブラウスの上からその豊かな胸を自分で揉んでいる。
男子は・・・両手を妙子の腰に回し、時折その頭が上下左右に小刻みに動いていた。

その時、床に、女物のパンティが脱ぎ捨てられていることにアタシは気がついた。
・・・・・・二人が、何をやっているのか、判ってしまった。

妙子は下唇をかみ締め、喘ぎ声を押し殺すと、跪く男子の顔を・・・
・・・アイツの顔を・・・恥ずかしげも無く、自分の股間にぎゅっ、と押し付けた。
そして我慢しきれないのか、自分で腰を動かしている。

『ん、んんンンー−−−−−−−ッ!!』

一際甲高い声を上げると、妙子は長い髪が床に着くほど仰け反って、がくん、がくんと全身を痙攣させた。
・・・イッた、ってコトなんだろうか。

しばらくして落ち着くと、ハァ、ハァ、と荒い息をつきながらアイツの顔を両手で包み込む。

『・・・ありがと。とっても、気持ち良かったぁ・・・北川君、大好き・・・』
『そんな、僕・・・西野先輩のためならなんだって・・・しますから・・・』

ふと、アタシは手のひらがぬるぬるすることに気がついた。
見ると、握り締めた爪が突き刺さった手のひらから、血がだらだら流れていた。

『ね、北川クン。わたしのこと、好き?』
『も、もちろんです!西野先輩とこんな関係になっちゃうなんて、僕なんだか夢見てるみたいで・・・』
『・・・じゃあ、石田さんのことは?石田さんと北川クンはどんな関係なの?』

妙子・・・なんでそこでアタシの名前を・・・

『え?なんでかっちゃん・・・あ、いや石田先輩のことなんか聞くんですか?』

『だって、北川クンと石田さんていっつも一緒じゃない?すごく仲良さそうだし。
わたしね、ホント言うとずっと悔しかったんだ・・・
好きな男の子には、もっとわたしだけを見てて欲しい、って思っててさ。
・・・ゴメン、こんな独占欲強い女、引いちゃう?』

『そんな事ないです!僕、本気で人を好きって言えるのは、西野先輩が初めてなんです。
石田先輩は、その、なんていうか、従姉の腐れ縁っていうか、もう実のお姉ちゃんみたいな感じだし・・・
全然、ほら、女の子としてなんか今更見れないっていうか・・・』

唇がわなわな震えている。産まれて初めての感情だった。
もし誰かがここでアタシにバットを手渡してくれたなら。

『じゃあ、正直に、ホントのコト、教えてね?
石田和美と西野妙子、北川クンが愛しているのは、どっち?』
『え・・・そりゃ・・・』

ハッとして、アイツの声に全神経を集中する。口ごもるってことは、まだ・・・

『・・・お姉ちゃんみたいな石田さんと、
・・・・いろいろ教えてあげたわたし。北川クンは誰が好き?』

長い沈黙。

『ね。いい加減はっきりしてよ。そんな態度、体張ってる女に失礼だとは思わないの?』

急に妙子の声の調子が変わり、ドスの効いたすごみを漂わせる。

『・・・・・・・・・・、しの、せんぱいです・・・』
消え入りそうなアイツの声。

『ん?なぁ〜に?ぜんっぜん聞こえないから、もっと大きな声で言ってよね?北川望君。』
『僕が愛しているのは・・・に、西野先輩です。』
『誰よりも?石田さんよりも?』
『・・・・・・・・・・・・・はい。僕が愛しているのは、西野先輩だけ、です。』

『わたしもよ。北川クン、もう、離さないよ・・・』

両腕をアイツの首に回し、激しいキス。そしてそのまま、妙子はアイツを押し倒した。
・・・その直前、アタシは妙子と目が合ってしまった。
・・・・・・始めッから、妙子は気付いていたのだ。
・・・・・・・・・アタシが覗いていることを・・・・・・・・・・・・・・・
あの、忘れようとも忘れられない、勝ち誇った目。

ふらつく足取りでその場を後にすると、アタシはなんとか家に帰った。
何度か吐いたけれど、晩御飯は一口も喉を通らなかった。

取り返しのつかない喪失感が、抑え切れない憎悪に変わるまで、それほど時間はかからなかった。

2

僕は、今だに西野先輩が良く分からない。
知っているのは、断片的な知識だけ。

例えば・・・かなりの美形だ。
まあ、同学年のかっちゃんだって、従弟の贔屓目を差し引いても美人である。
でも西野先輩は大人っぽいというか、どことなく近寄り難い影がある。
みんなの前では、自分からあまりしゃべらないせいで、
余計にそう感じてしまうのかも知れない。
実際、話かけてみるとびっくりするくらい気さくで、そして優しい。
でも、従順そうに見えて、意思は強い。
いつも、自分の意見が通るまで粘る。

・・・根っからの体育会系のかっちゃんは姉御気質たっぷりで騒々しい。
きついことを平気で言うわりに、案外最後の最後で甘かったりする。
西野先輩とは正反対だ。

頭も切れる。成績が良いだけじゃなく、時々人の意見に鋭い突っ込みを入れる。
・・・どこか抜けているかっちゃんとはこれも正反対だ。
つまり基本的に頭が良い人だから、僕がウソをついてもすぐにばれる。
そしてばれた時は・・・普段が穏やかなだけに、かなり怖い。

全学年の男子から人気がある。
たまに全校集会で演壇に立つと、歓声があがるくらいだ。
・・・でもいろんな噂の所為で、女子からはあまり好かれていないらしい。
どちらかといえば、女子から人気があるかっちゃんとはこれも逆だ。
過去に西野先輩と付き合った相手は、少なくとも複数、いるらしい。
それを知った時は結構ショックだったけれど、僕はあんまり気にしない。
気にしないように・・・努力している。

普段の制服姿は真面目な優等生っぽいスタイルだ。
スカート丈はかっちゃんよりも2cmは長い。
夏服のブラウスは、第1ボタンまで外している。
どんなに暑くても、リボンタイはちゃんと結んでいる。
やや栗色っぽい髪は、背中の半分まで届く長さで揃えている。
右に流した前髪に、ほっそりして顎の尖った瓜実顔。
切れ長の二重がちょっとクールな印象だけれど、
ぽってりした唇がちょっと・・・えっちぃ感じだ。
(・・・実際、かなりえっちである。まあ、付き合った相手が複数いたのも頷ける。)
その日の気分で、眼鏡とコンタクトを使い分けているが、基準は良く判らない。

一見スレンダーで、(最近知ってしまったのだが・・・実は結構、胸が大きい)
いかにも文科系の美少女だが、実は去年まで新体操部だったそうだ。
一度バク転して見せてくれたことがあった。
すげえ、と思ったけれど、
できれば新体操部のレオタードを着ているところを見たかったなあ・・・

・・・かっちゃんは豪快に第3ボタンまで外す。ブラが見えようと全く気にしない。
もう長い付き合いなので、今更そんなものが見えたところで
有り難くもなんとも無いけれど。
リボンタイは外すか、先生に注意されても適当に結んでいるだけ。
スカートはもはやスカートとしての役目を果たしていない。以上。
夏でも冬でもその格好なので、一度、
『腰が冷えると、将来難産するらしいよ?』
とからかったら、思いっきり、気絶する程しばかれた。
耳を隠す程度に揃え、軽くシャギーを入れた髪形は、
5m離れると少年に見えなくも無い。
背も高いし、黙っていればボーイッシュな美少女で通用するのに、
いつも一言多いせいか、まったくもてない。
水泳部で鍛えているからスタイルは良いけれど、基本的に筋肉質なので
まったく、エロさというものを感じさせない。
いい加減適当に彼氏でも作りゃいいのに・・・
そしたら僕も買い物に駆り出されなくて済むし。

ここまで共通点が少ない二人だけれど、生徒会の会長と副会長という間柄
以前に、親友同士である。

ーーーーーーそのはず、だった。
けれど、最近微妙な空気の変化を、僕は感じている。

2006/01/25 To be continued..?

 

inserted by FC2 system